キャバクラ・風俗・etc…給料から何がいくら引かれる?【夜のお仕事解説】

キャバクラや風俗の求人では時給8,000円だとか時給10,000円以上可能だとか、そんな数字が並んでいます。

ただこういったお店で働いてみると、給料から引かれるもの というのが必ずあります。

求人サイトに書いてある金額よりも、実際にもらえる金額は低くなることを覚えておきましょう。

 

給料から引かれるもの

 

給料から引かれるものの例を挙げていきます。

 

 

源泉徴収 所得税 10%

ヘアメイク代 1,000~2,000円程度

衣装代 1,000円程度

送迎代 1,000円程度

他にも名刺代・厚生費・雑費・性病検査費など、他にも色々な項目があります。

上に挙げたもの全てを引かれるわけではありません。お店によって違ってくるでしょう。ただ源泉徴収として所得税を引かれるお店は多いと思います。

 

さて実際の給料はどれくらい貰えるのでしょうか?

私が働いていたお店の給料計算を例にして見てみましょう。

そのお店では、源泉徴収で10%、雑費(衣装代・送迎代含む)で一律2,000円引かれていました。

時給5,000円で5時間働いたとします。

 

5,000円×5時間=25,000円

25,000円-2,500円(源泉徴収10%)=22,500円

22,500円-2,000円(雑費)=20,500円

こんな感じで給料を計算していました。上の例の場合だと、実際に貰える金額は20,500円でした。

引かれた金額4,500円で、実際の時給は約4,000円ですね。

 

先ほども言いましたが、実際に引かれるものはお店によって違ってきます。

ただ、何が引かれるにしても、全体の金額から10%以上は引かれる と思っていて下さい。

 

ちなみにネット上のサービスである「ライブチャット」。こちらに関してですが、在宅で働く分には、給料の振込手数料しか引かれない サイトが多いです。

 

 

まとめ

 

今回は夜のお仕事をした際、給料から引かれるものについてでした。

給料については、面接時に説明があると思いますので、しっかり聞いておきましょう。何が引かれるかも教えてくれるはずです。逆にしっかり教えてくれない店は怪しいですね。

いずれにしても、10%以上は引かれる、求人サイト通りの金額にはならない、というの事は覚えておいてください。

 

給料から引かれる金額は少なくないですが、それでも高収入の仕事であることは変わりません。

それぞれ希望する時給や稼ぎたい金額があると思いますので、引かれるお金もあると頭に入れて、お店を選ぶようにしてみるのがいいでしょう。